エポスプラチナカードについて語る

エポスプラチナカード 審査甘い

「エポスプラチナカード」はエポスカードが発行するプラチナカード。

インビテーションのみの入会となっているので、マルイでの買い物が多い人の中でもレアな存在です。

マルイでのポイントUPや誕生日月のポイント2倍、ボーナスポイントは最高で10万円相当など、ポイントでしっかり還元されるので、お得です。

スポンサードリンク



「マルコとマルオの7日間」での10%OFFは健在で、

プライオリティ・パスや空港でのサービスや国内・海外旅行保険が手厚くなるなど、サービスが充実。

VISAプラチナカードとしての特典も多く、プラチナコンシェルジュも対応してくれます。

ステータスが高いのに年会費が抑えられているので、日本で利用しやすいプラチナカードです。

エポスプラチナカードの年会費・家族カード・ETCカード

エポスプラチナカードの年会費は20,000円(税込)。

プラチナカードとしては年会費がとても安いです。

三井住友プラチナカードは50,000円ですし、アメックスのプラチナにいたっては130,000円!!

それに比べるとエポスプラチナカードは安く感じます。

プライオリティ・パスの年会費が399ドルですから、それが無料付帯というだけで十分元が取れるでしょう!

家族カードは発行していませんが、ETCカードは無料で利用できます。

エポスプラチナカードのポイントサービスと還元率

スタンダードなエポスカードと同じ「エポスポイント」。

ボーナスポイントが手厚くなっているので、ポイント還元率はかなり高いです。

カードご利用代金200円=1ポイント

マルイ以外での買い物は200円=1ポイント、リボ払いの場合は200円=2ポイント。

マルイでは現金でもポイントが付与され200円=1ポイント。

マルイでのクレジット払いなら200円=2ポイント、リボ払いなら200円=3ポイント。

ポイント期限は無期限なのでたくさん貯めていけます。

ボーナスポイント

年間利用金額に応じたボーナスポイントがあります。

年間100万円以上の利用で20,000ポイントプレゼント。

年間1,500万円以上なら100,000ポイント!!

1ポイント=1円相当なので最大で10万円分のポイントがもらえるということです。

年間100万円で20,000円分なので、すでに年会費の元が取れます。

公共料金や携帯電話代などもエポスプラチナカードで支払えば年間100万円は利用しそうですから

ボーナスポイントだけで十分お得です♪

選べるポイントアップショップ

選べるポイントアップショップに登録することで、マルイ以外のショップでもポイントUPがあります。

近所のコンビニやスーパーなど、登録できるショップがたくさんあるので便利です。

200円=3ポイントと、かなりポイントが貯まりやすくなるので、いつも行くショップを登録しちゃいましょう!

エポスプラチナカードの電子マネー

楽天EdyとモバイルSuicaのクレジットチャージが可能で、楽天Edyならポイント付与があります。

チャージなら1,000円=5ポイント。

利用でも200円=1ポイント付与されるので、ちょっとした買い物なら楽天Edyを利用するとお得です!

ポイント交換

貯めたポイントはマルイで500ポイント=500円として利用できます。

アイテム・ギフトカードへの交換、ANA・JALマイルへの移行も可能。

ドコモやauのポイントなどに移行することも可能。

ポイント還元率

ポイント還元率は0.50%〜1.50%。

マルイ以外での買い物では一般的なポイント還元率ですが、マルイやポイントアップショップでの利用ならポイント還元率は高いです。

ゴールドカードやプラチナカードはポイント還元率が高くない場合が多いので

ポイント重視派の人には嬉しいプラチナカードです。

エポスプラチナカードの空港ラウンジサービス

空港ラウンジサービス

日本の19空港とホノルル国際空港(ハワイ)、仁川国際空港(韓国)の空港ラウンジが無料で利用できます。

羽田空港/成田空港/新千歳空港/函館空港/仙台空港/小松空港/中部国際空港/小松空港/大阪国際(伊丹)空港/関西国際空港/神戸空港//広島空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/鹿児島空港/那覇空港

同伴者は1名だけ無料で利用可能です。

プライオリティ・パス

エポスプラチナカードはプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料登録可能です。

通常は399ドルかかる年会費が無料で、ラウンジ利用も無料。

エポスプラチナカードの旅行保険・補償

海外旅行保険

最高1億円の海外旅行保険が自動付帯です。

国内旅行保険

最高1億円の国内旅行保険が利用付帯です。

その他の補償

航空機寄託手荷物遅延費用

航空機遅延・乗継遅延費用

エポスプラチナカードのインビテーション条件・切り替え

エポスプラチナカードはインビテーションがなければ入会できません。

切り替え申し込みをしたくてもインビテーションがない場合は受付されません。

エポスゴールドカードを利用している人にインビテーションが送られてくるので、まずはエポスゴールドカードの取得が必須!

ゴールドカードはインビテーションがなくても申し込めるカードなので、プラチナを目指すならゴールドカードに申し込みましょう!

年間利用金額100万円以上

エポスゴールドカードを1年以上

この2つがインビテーション条件のようです。

難しくないですよね?

海外に行かないならゴールドカードで十分かもしれませんが、海外旅行や出張が多い人ならプラチナサービスが便利なはず。

エポスプラチナカードの審査や難易度

エポスカードは取得しやすいクレジットカードと言われています。

エポスプラチナカードも難易度は高くないでしょう!

インビテーションのみの入会なので、審査合格率は100%です。

インビテーション条件も厳しいものではないですし、エポスカードの利用が多く、返済事故がなければ問題ありません!

エポスプラチナカードは低年会費で取得しやすく、ポイント還元率が高い、サービスも充実してる!

オススメのプラチナカードです!