3
「ビューゴールドプラスカード」はJR東日本グループのビューカード発行のゴールドカード。

Suica一体型のゴールドカードでSuica定期券としての利用も可能です。

オートチャージが可能なので、通勤・通学で電車に乗る機会が多いならとっても便利♪。

国内・海外旅行保険や空港ラウンジサービスだけではなく、

入会特典&継続特典(年間100万円以上の利用)で素敵なプレゼントも貰えるなど嬉しいサービスが満載!

Suicaチャージや定期券購入でのポイントUP、年間利用金額に応じたボーナスポイントもあるのでポイントを貯めやすいのも魅力です。


(取得しやすいカードの耳寄り情報)
Suica利用者から人気!飛行機でも便利なカードといえばコチラ!

年会費・家族カード・ETCカード

ビューゴールドプラスカードの年会費は10,000円(税別)

ゴールドカードとしては一般的な年会費でしょう。

家族カードは1人目は無料、2人目以降は3,000円(税別)です(最大9枚まで)。

ETCカードは年会費無料で利用できます。

スポンサードリンク



ポイント

Suicaチャージや定期券購入でのポイントが3倍になる「ビューサンクスポイント」。

年間利用金額に応じたボーナスポイントはビュー・スイカカードよりも2倍以上です!!

ピンカードご利用代金1,000円=2ポイント

通常は1,000円=2ポイントですが、Suicaチャージや定期券購入などでは1,000円=6ポイント

毎月、定期券を購入しているならかなりポイントが貯まりやすいです。

電車の乗車以外でも電子マネーとしてSuicaを利用してチャージすれば、ちょっとした買い物もポイント3倍です。

ピンビューゴールドボーナス

通常のビューサンクスボーナスにゴールドボーナスをプラス。

さらにステージが上がるごとに前ステージまでのゴールドボーナスもプラスされるので、

年間利用金額が増えれば増えるほど、どんどんポイントがアップします♪

70万円⇒600ポイント
100万円⇒1,400ポイント
150万円⇒2,600ポイント
200万円⇒4,200ポイント

年間130万円の利用があればポイントで10,000円相当になる計算です。

ポイントで年会費の元を取りたいなら130万円が最低ライン。

しかし、ポイント3倍のSuicaチャージや定期券購入分はボーナスポイント対象外なので年間利用金額には含まれません!!

Suica以外の通常のショッピングで130万円分…

Suicaをメインで利用する人にはボーナスは厳しいかも…

ピン電子マネー
Suica/モバイルSuicaのクレジットチャージで1,000円=6ポイント。

ピンポイント交換
アイテムやギフトカードへの交換が可能。

そしてSuicaチャージ分への移行も可能です。

400ポイント⇒1,000円相当
1,200ポイント⇒3,000円相当
2,000ポイント⇒5,000円相当
4,000ポイント⇒ 10,000円相当

1ポイント=2.5円相当なので、Suicaを利用する人はSuicaチャージが便利で良いかも!

ピンポイント還元率

ポイント還元率は0.50%~1.50%

Suicaのチャージや定期券購入で貯めたポイントをSuicaにチャージが一番効率が良さそうです。

ボーナスポイント対象外なので、その他にショッピングもしてボーナスポイントを駆使してポイントを貯めましょう!

空港ラウンジ

国内の主要な28の空港ラウンジが利用可能です。
新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/新潟空港/富山空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/徳島空港/高松空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港

さらにハワイ・ホノルル国際空港のラウンジも無料で利用可能。

日本人ってハワイ好きですよね~。

私はハワイ行ったことないですが、バカンスで行く人も多いと思うのでゴールドカード特典で空港ラウンジを利用できるのは

嬉しいという人も多いんじゃないでしょうか?

旅行保険・補償

ピン海外旅行保険
最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯です。

ピン国内旅行保険

最高5,000万円の国内旅行保険が利用付帯です。

ピンその他の補償
・ショッピングプロテクション(国内・海外)

・Suicaチャージ残額補償

盗難や紛失時の定期券やSuicaへのチャージ分を補償してくれるのは、さすがですね!

失くしたことに気づいたらすぐに連絡しましょう!

インビテーション・切り替え

インビテーションがなくても切り替え申し込みができます

インビテーションが届く場合もありますが、ゴールドカードを利用したいなら自身で申し込むことも可能。

インビテーションからの入会でも年会費無料などの優待はありません

どちらにしてもサービスは変わらないとのこと。

そして現在、ビューカードを利用していない人でも最初からゴールドカードに申し込むこともできます。

審査や難易度

ビューゴールドプラスカードの審査は厳しくありません。

申し込み資格:20歳以上で安定した収入のある方、電話連絡が可能な方

もちろんゴールドカードなので、審査が甘いということはないと思いますが、

ビューカードはそんなに審査が厳しいと言われていないので、ゴールドカードも難易度は高くないでしょう!

2015年4月23日にデビューしたカードなので、まだ情報は少ないですが

年会費を払ってもいいかな~っていう経済状況の人なら審査に通るはずです。

新規申し込みを開始したばかりのクレジットカードは審査が甘いと言われているので、これからどうなっていくのか…?

年会費がそこまで高いゴールドカードではないですから、審査基準は「普通」レベルでしょう!

→→→Suica利用者から人気!飛行機でも便利なカードといえばコチラ!←←←