JP BANK カード ゴールドについて~キャッシュカード一体型、ボーナスポイントや旅行保険が充実

 

「JP BANK カード ゴールド」は三井住友カードとゆうちょ銀行の提携ゴールドカード。

キャッシュカードとの一体型なので、とっても便利♪

 
 

スタンダードな「JP BANK カード」よりもポイント付与が2倍!ポイント還元率も高くなっています。

ゴールドカードとしてのサービスとしては欠かせない、空港ラウンジサービスも付帯。

 
 

さらに国内・海外旅行保険も手厚くなっています。

シンプルなゴールドカードで、サービスの豊富さはないものの年間利用金額に応じて年会費優遇があるので

「ゴールドカードを持ってみたいなぁ」という気軽な気持ちでも利用できるゴールドカードとなっています。

スポンサードリンク



JP BANK カード ゴールドの年会費・家族カード・ETCカード

JP BANK カード ゴールドの年会費は10,000円(税別)。

年間カード利用金額が300万円以上なら翌年度は半額の5,000円(税別)。

100万円〜300万円の利用なら翌年度は20%優遇の8,000円(税別)でゴールドカードを持てます。

 
 

1年に1回でも旅行や出張で空港ラウンジを利用する予定があるなら、この年会費で十分ですよね?

もっと付帯サービスが充実している方が良いというなら、年会費1万円のゴールドカードはたくさんありますが…

「サービスがたくさんあっても使いこなせるかわからない…」という人にはシンプルで使いやすいと思いますよ!

 
 

家族カードは1人目は無料。2人目からは1,000円(税別)です。

ETCカードは年会費無料で利用可能。

 
 

JP BANK カード ゴールドのポイントサービスとポイント還元率は?

「JPバンクカードポイント」は老舗の三井住友カードとの提携なので、シンプルなポイントサービス。

通常ポイントとボーナスポイント、ポイントUPモール軽油でのネットショッピングでポイント付与があります。

 
 

ピンカードご利用代金1,000円=2ポイント

一般カードの「JP BANK カード」に比べて、通常のポイントが2倍!

 
 

いくらゴールドカードでもポイントはたくさんたまる方が嬉しいですよね♪

ポイントUPモール軽油でのネットショッピングならポイント最大20倍。

 
 

JP BANK カード ゴールドのボーナスポイント

前年度の年間カード利用金額と今年度のカード利用金額に応じてボーナスポイントが貰えます。

前年度年間50万〜100万円の利用⇒今年度50万円で100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント

前年度年間100万〜300万円の利用⇒今年度50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント

前年度年間300万円以上の利用⇒今年度50万円で300ポイント、以降10万円ごとに60ポイント

 
 

JP BANK カードよりもボーナス率がアップしていて、三井住友ゴールドカードと同じボーナスポイント。

毎年コンスタントにカード利用があればボーナスもたくさん貰えます。

 
 

JP BANK カード ゴールドのポイント交換

Tポイント(200ポイント=900ポイント)や楽天スーパーポイント(200ポイント=1,000ポイント)などにポイント移行が可能。

電子マネーの楽天Edyは200ポイント=1,000円分として移行できます。

ANAマイルは200ポイント=600マイル。

 
 

国際ブランドでVISAを選んだ場合はVJAギフトカード(1,000ポイント→5,000円分)、

MasterCardの場合は1ポイント=3円としてキャッシュバックを選ぶことができます。

 
 

JP BANK カード ゴールドのポイント還元率

ポイント還元率は1.00%〜1.20%。

ポイント還元率は高め、楽天Edyなら1ポイント=5円相当なので高還元率です。

 
 

年間100万円以上の利用があれば、通常ポイントの2,000ポイントを楽天Edyに交換して1万円分。

もうすでに年会費の元が取れちゃいます。

 
 

さらにボーナスポイントもあるので、プラスになっちゃいます♪

 
 

JP BANK カード ゴールドの付帯サービス

さすがゆうちょ系のゴールドカードだけあって付帯サービスはかなり充実しております。

これ一枚あれば大抵は間に合う!・・・というレベルです。

イメージ的には地味なゴールドカードですが、実力は確かです!

 
 

JP BANK カード ゴールドが使える空港ラウンジ

 

日本の主要28空港の空港ラウンジが無料で利用できます。

 

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/新潟空港/富山空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/徳島空港/高松空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港

 
 

実はJP BANK カード ゴールドはJCBも発行しています。

 
 

ポイントが「Oki Dokiポイント」だったり、海外旅行保険が最高1億円だったり、さらにホノルル国際空港(ハワイ)も利用可能になっています。

 
 

ポイント還元率はVISA/マスターカードの方が高いので、ポイント重視ならVISAかマスターカード。

ハワイに行くから空港ラウンジを利用したいというならJCBが良さそうです。

 
 

JP BANK カード ゴールドの旅行保険・補償

ピン海外旅行保険

最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯です。

利用付帯になると、最高1億円の保険になります。

 
 

国内旅行保険

最高1,000万円の国内旅行保険が自動付帯です。

利用付帯の場合は最高5,000万円。

 
 

その他の補償

国内航空便遅延保険

ショッピング補償

 
 

JP BANK カード ゴールドのインビテーション・切り替え

JP BANK カード ゴールドはインビテーションではなく、自身で新規申し込み・切り替え申し込みが可能です。

 
 

「JP BANK JCB カード」や「JP BANK JCB ゴールドカード」を利用している方が「JP BANK カード ゴールド VISA/MasterCard」に申し込む場合は

 
 

切り替え申し込みではなく、JCBの廃止手続きをしてからの新規申し込み扱いになります。

 
 

JP BANK カード ゴールドの審査や難易度

JP BANK カード ゴールドの審査は厳しくないはずです。

申し込み資格:25歳以上で、安定した収入のある方

 
 

銀行系のJP BANK カードですが、サービスがあまり多くありません。

ゆうちょ銀行の口座を持っていて、長年利用していたなら問題ないでしょう。

 
 

審査期間はちょっと長めで2週間くらいかかることもあるので、気長に待ちましょう。

ゆうちょ銀行の口座開設と一緒に勧誘されて取得するという場合もるくらいですから、審査難易度はそんなに高くないんじゃないかな?