6

「ANA JCB カード プレミアム」はANA JCB カードの最上位カードでゴールドカードよりさらに上質のサービスが特徴のカードです。

JCBプラチナサービスとANAオリジナルのサービスを受けられます。

JCBのOki Dokiポイントが貯まり、高レートでANAマイルに移行が可能。

ANAカードマイルプラス提携店やANAのフライトでは直接ANAマイルを貯めることができます。

プラチナ・コンシェルジュデスクプライオリティ・パスなどプラチナカードと同じサービス。

ビジネスクラス(CLUB ANA)専用カウンターでのチェックインが可能

ANA国内線・国際線機内販売や「ANA FESTA」での買い物が10%OFFなどANAならではの特典も充実しています。


(取得しやすいカードの耳寄り情報)
ANAマイルを貯めたい!JCBかVISAで迷ったら比較してみて!

年会費・家族カード・ETCカード

ANA JCB カード プレミアムの年会費は70,000円(税別)

JCBプロパーカードの中のプラチナカード「JCBザ・クラス」の年会費は50,000円なので、それよりも年会費が高くなっています。

ANAのサービス・特典がプラスされているからですが、逆に「JCBザ・クラス」だけの特典もあったりします。

ANAマイルを効率よく貯めるには「ANA JCB カード プレミアム」の方が良いですが、メンバーズセレクションやグルメベネフィットなどのサービスはありません

旅行や出張で飛行機に乗る機会が多いなら「ANA JCB カード プレミアム」がオススメですが、

飛行機にあまり乗らないというなら「JCBザ・クラス」で十分かもしれません。

家族カードは4,000円(税別)

4,000円で家族カードを持てるのはお得な気がします♪

スポンサードリンク



ところが…「JCBザ・クラス」は家族カードが無料で発行可能…

家族カードを何枚か発行する予定なら、「ANA JCB カード プレミアム」の方が年会費がかさみそうです。

ちなみにETCカードは無料で利用できます。

ポイント

「ANA JCB カード プレミアム」はJCBのOki Dokiポイントが貯まります。

プラチナカードならではのポイント優遇もあるのでポイントが貯まりやすくなっています。

ピンカードご利用代金1,000円=2ポイント
「ANA JCB ワイドゴールドカード」の場合は1,000円=1ポイントなので、いつも通りカードを使うだけでポイントが2倍!

ポイント有効期限は2年間なので、こまめにチェックしてポイントが無駄にならないように注意しましょう!

ピンボーナスポイント
年間利用金額に応じて翌年度のポイント倍率がアップする「JCB STAR MEMBERS」。

年間50万円以上のカード利用⇒翌年度10%アップ

年間100万円以上のカード利用⇒翌年度20%アップ

年間300万円以上のカード利用⇒翌年度25%アップ

年間50万円以上は利用しますよね?

せっかくならポイントアップを目指しましょう。

さらに年間300万円以上利用することがあればお得。

毎年300万円のカード利用があれば7,500ポイント

これを一番レートの高いnanacoに交換すると200ポイント=1,000ポイントなので37,500ポイント。

ということは37,500円分の買い物ができるってこと!!

年会費の半分ですが、それでも結構な額になりますね~♪

ピン電子マネー
楽天Edyのクレジットチャージが可能で200円=1マイル

ちょっとした買い物で電子マネーを利用するなら楽天Edyがお得です。

クレジット払いにするまででもないな…っていう少額の買い物は楽天Edyを利用しましょう!

ピンマイルを貯める
ANAカードマイルプラス提携店での買い物は100円(200円)=1マイルがポイントと同時に貯まります。

そしてANA航空券をカード払いにするとポイントと同時に100円=2マイル

飛行機乗るだけでマイルが2倍も!

搭乗ボーナスマイルもあるので、フライトが多いならマイルがどんどん貯まっていくでしょう。

入会時や毎年の年会費が引き落とされる継続時には入会・継続ボーナスマイルとして10,000マイル

毎年10,000マイルも貰えるなんて嬉しいです。

ピンポイント交換
貯めたポイントはアイテムやギフトカードへの交換、カード利用代金への充当などに利用できます。

さらにnanaco、楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントへの移行も可能。

それよりもANAマイルを貯めるカードですから、ANAマイルへの移行ですよね?

通常ポイントは1ポイント=10マイルボーナスで獲得したポイントについては1ポイント=3マイルで移行できます。

ピンポイント還元率

ポイント還元率は1.00%~1.25%

プラチナカードのようなステータスの高いカードはポイント還元率が低いことが多いですが、

「ANA JCB カード プレミアム」はポイント還元率が高いです。

マイル移行のレートも高いのでコスパの良いカードと言えます。

空港ラウンジ

ピンJCB空港ラウンジサービス
日本の主要28空港とホノルル国際空港(ハワイの空港ラウンジが無料で利用できます。

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/新潟空港/富山空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/徳島空港/高松空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港

家族カードの方も無料で利用できます。

以下の2つの空港ラウンジサービスは家族カードの場合は利用不可なので、家族会員の方はこちらを利用しましょう。

国内ならほぼ全ての空港で利用できるので満足できるはずです。

ピンANAラウンジ
ANA国内線の利用時には空港の「ANAラウンジ」を無料で利用できます

残念ながら家族カードの方は利用できません。

羽田空港/成田国際空港/千歳空港/仙台空港/名古屋(中部)空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/岡山空港/広島空港/松山空港/福岡空港/熊空港本/宮崎空港/鹿児島空港/那覇空港

「ANAラウンジ」は国内の主要空港にあるので、リラックスして空港を利用できます。

ピンプライオリティ・パス
世界約120の国や地域の約700ヵ所の空港ラウンジを無料でご利用できます。

通常399ドルかかるプライオリティ・パスのプレステージ会員資格が無料で付帯になっているので海外に行く機会が多いなら是非利用しましょう。

プライオリティ・パスの登録は本会員のみで家族カードの方は登録に料金がかかります。

同伴者として利用する場合も1人につき2,000円が必要。

旅行保険・補償

ピン海外旅行保険
最高1億円の海外旅行保険が自動付帯です。

ピン国内旅行保険

最高1億円の国内旅行保険が自動付帯です。

ピンその他の補償
海外旅行航空便遅延費用補償(利用付帯)

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア制度

「JCBでe安心」制度

インビテーション・切り替え

「ANA JCB カード プレミアム」はインビテーションなしで新規申し込み可能です。

ANA JCB カードなど一般カードからの切り替え申し込みが可能

ANAカードはJCB以外でも発行されていますが、それぞれ切り替え申し込みが可能な場合もあります。

審査や難易度

「ANA JCB カード プレミアム」の審査難易度は高いでしょう。

申し込み資格:30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

「限られた方にのみ発行する最上位カード」と公式HPにも記載されています。

インビテーションなしで申し込みが可能ですが、簡単に取得できるわけではありません。

プラチナカードですから、過去にクレジットカードの支払いで遅れがあった…なんて場合は問題外です。

審査が厳しいとは言っても審査合格率は88%

結構高い確率で審査に通っています。

それもそのはず、年会費が高いですから興味本位で申し込んだり…ということがありません。

ANAマイルを貯める、ANAのサービスを利用したい、ANAのフライトが多い…

そういう方がお得なカードですから、申し込む人のスペックが高いのでしょう。

高い年会費を払ってもメリットがあると思えるような方なら審査に通ると思います!!

→→→ANAマイルが貯まる人気のアメックスゴールドカードの詳細情報←←←