1
「ANA JCB ワイドゴールドカード」はANAとJCBが提携して発行するゴールドカードです。

カードの利用でJCBのOki Dokiポイントが貯まり、高レートでANAマイルに移行可能。

ANAマイル提携店での買い物ならANAマイルとOki Dokiポイントの2重取りができるので、マイルが貯まりやすくなっています。

さらにゴールドカードなので空港ラウンジサービスも付帯。

ANAカード特典としてANA国内・海外ツアーが5%OFF「ANA FESTA」で10%OFFANA国内線・国際線機内販売10%OFFなどの割引特典もあります。

ホテル割引、レンタカー割引もあって、ANAのフライトでも空港でもお得。

旅行で活躍してくれるゴールドカードです。


(取得しやすいカードの耳寄り情報)
ANAマイラーの悩み!?JCBとVISAで悩んだら比べて検討してみては?

年会費・家族カード・ETCカード

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は14,000円(税別)

だいたい1万円くらいまでのゴールドカードが多いので、ANA JCB ワイドゴールドカードは年会費は高い方です。

その分ステータスの高さは感じられるかもしれません。

家族カードは4,000円(税別)

スポンサードリンク



家族カードはそんなに高くないですね。

家族カードは無料なのが嬉しいですが…家族カードでも空港ラウンジは無料で利用できるので、

空港ラウンジを利用できるカードで4,000円と考えたら安く感じるかも!?

ETCカードは無料で利用可能です。

ポイント

JCBのOki Dokiポイントが貯まります。

ピンカードご利用代金1,000円=1ポイント
Oki Doki ランド経由のネットショッピングは最大20倍になるので、利用しましょう。

ポイント有効期限は2年間です。

ピンボーナスポイント
年間カード利用金額に応じてステージが決定し、翌年度もポイント倍率がアップします!

年間50万円以上のカード利用⇒翌年度10%アップ!

年間100万円以上のカード利用⇒翌年度20%アップ!

年間300万円以上のカード利用⇒翌年度25%アップ!

ポイント還元率が高いというわけではないので、とりあえず年間50万円は絶対に使用したほうがお得になります。

公共料金とか携帯料金とか…ANAのフライトとか旅行・出張で利用すると結構な額になりそうなので年間50万円は達成できそうですよね?

ピン電子マネー
楽天Edyのクレジットチャージは200円=1マイルが付与されます。

モバイルSuica、SMART ICOCA、nanacoのチャージも可能ですが、ポイント付与はありません。

電子マネーを利用するなら楽天Edyがお得です。

ピンポイント交換
貯めたポイントはアイテムやギフトカードへの交換が可能。

nanaco、楽天スーパーポイント、Tポイントのポイント移行や楽天Edyへのチャージもできます。

さらにカード利用代金への充当も可能でJCBトラベルなら1ポイント=5円相当。

ANAマイルへの移行は1ポイント=10マイル

ボーナスポイントからの移行は1ポイント=3マイルのレートになります。

ちなみにANA JCB カードの場合は1ポイント=10マイルでの移行には別途年会費5,000円がかかることになっています。

ANA JCB ワイドゴールドカードなら高レートでのマイル移行が可能になっています。

ピンANAマイル
ポイントからのマイル移行だけではなく、ANAカードマイルプラス提携店なら100円(200円)=1マイルが直接付与されます。

搭乗ボーナスマイルとして区間基本マイレージ×25%のボーナス

入会・継続ボーナスマイルとして毎年2,000マイルもボーナスもあります。

カード利用のポイントをマイルに移行して、ANAのフライトでカードを利用して、空港でもお土産とかを買う…

これだけでかなりマイルを貯められそうです!

ピンポイント還元率

ポイント還元率は0.50%~1.00%

ポイント還元率としてはあまり高くありません…

ただANAマイル提携店ならポイントとマイルの2重取りができるので、実際はもう少し還元率は高いでしょう。

空港ラウンジ

日本の主要28空港とホノルル国際空港(ハワイ)の空港ラウンジが無料で利用できます。

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/新潟空港/富山空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/徳島空港/高松空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港

家族カードの方も無料で利用可能

ANAカード特典としてビジネスクラス専用カウンターでのチェックインができるのでステータスの高さを感じられそう。

旅行保険・補償

ピン海外旅行保険
最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯です。

利用付帯の場合は最高1億円。

ピン国内旅行保険

最高5,000万円の国内旅行保険が自動付帯です。

ピンその他の補償
海外旅行航空便遅延費用補償(利用付帯)

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア制度

「JCBでe安心」制度

インビテーション・切り替え

ANA JCB ワイドゴールドカードはインビテーションがありません

新規申し込みが可能なゴールドカードです。

ANA JCBカードからのアップグレードの切り替え申し込みも可能。

審査や難易度

ANA JCB ワイドゴールドカードの審査は甘くはありません

申し込み資格:20歳以上でご本人に安定継続収入のある方

航空系のクレジットカードは審査は厳しいと言われていますし、さらにゴールドカード。

審査が甘いわけはありませんね~。

でも審査合格率は約90%

パートやアルバイトの方は審査通過が難しそうですが、派遣社員の方は審査に通っています。

このカードを利用する人はANAのフライトが多い人のはず。

飛行機での出張や旅行が多い人は比較的裕福な方が多いでしょうから審査には通っているんでしょう。

ANAでのフライトが多いからANAマイルを貯めているという方なら問題なく審査に通ると思います。

年会費も高いので気軽に申し込めるカードでもありませんから、申し込む人のスペックが高いと予想されます。

ANA JCB ワイドゴールドカードを取得しようと検討しているような方なら、そこまで心配しなくても審査には通りそうな気がします。

→→→ANAマイルを貯めたい!JCBかVISAで迷ったら比較してみて!←←←