2
「シティ プラチナカード」はシティカードが発行する最上位のプラチナカード。

プラチナカードといえばインビテーションというイメージですが…自身での申し込みが可能!

コンシェルジュサービスや空港でのサービス、「ダイニングセレクション」では有名な高級レストランの食事が優待価格になったり…

ポイントも貯まりやすく、ポイント還元率は1.60%~と高いのも魅力です。

世界中に展開するシティバンクのプラチナカードですから、日本以外でも活躍します。


(取得しやすいカードの耳寄り情報)
審査が甘い!ポイント還元率が高い!人気のクレジットカードといえばコレ!

年会費・家族カード・ETCカード

シティ プラチナカードの年会費は35,000円(税別)

プラチナカードとしては一般的な年会費です。

むしろアメックスとかダイナースは130,000円ですからリーズナブルと言えます。

ステータスも高く、サービスも申し分ないので年会費を払っても満足できるでしょう!

家族カードとETCカードは無料で利用できます。

ポイント

カードのグレードが上がると共にポイント付与も大きくなる「シティリワードポイント」。

ポイント期限がなく無期限で貯められるのも便利です!

ピンカードご利用代金100円=4ポイント
スタンダードな「シティリワードカード」は100円=2ポイント、「シティゴールドカード」は100円=3ポイント。

プラチナカードになると100円=4ポイントとだんだん上がっていきます。

さらにリボ払いだと100円=5ポイント。

プラチナカードでリボ払いを利用する人は珍しいと思いますが、いざという時にリボ払いにしたらポイントが高いのでちょっと嬉しいかも…

ピンボーナスポイント
年間利用金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

スポンサードリンク



50万円以上⇒2,500ポイント
100万円以上⇒6,000ポイント
150万円以上⇒10,000ポイント

年会費を無料にするには93,000ポイントが必要です。

ボーナスポイントも含めて計算してみると…

年間200万円のカード利用で通常ポイントが80,000ポイント。ボーナスポイントが10,000ポイント。

合わせて90,000ポイントってことで、だいたい年会費分くらいになります。

なので年会費の元を取りたいというなら、年間200万円以上利用してください!

ピン電子マネー
モバイルSuicaと楽天Edyのクレジットチャージが可能でポイント付与もあります。

ちょっとした買い物でカードを出すのは面倒だったりするので、電子マネーを使っちゃいましょう!

モバイルSuicaや楽天Edyで買い物をしてシティプラチナカードでチャージしていけば、ポイントも貯まっていきます。

ピンポイント交換
アイテムやギフトカードへの交換や楽天スーパーポイントへの移行(3,000ポイント⇒1,000ポイント)ができます。

「交換予約サービス」があるので、予約しておけばポイントがたまった時点で自動てきに交換手続きをしてくれます。

ポイント期限がないので、気づいたときにアイテム交換でも良いと思いますが

いちいち確認するのが面倒な人は先に予約するのもアリです。

スポンサードリンク



ポイントが貯まるまで待てないという人は「Point + Pay (ポイントプラスペイ)カード併用払い」があります。

貯めたポイントと足りない分はカードで支払うことができます。

普通にお店で買うよりはポイント分が引かれて安く購入できるってことですね!

ANAマイル・JALマイルへの交換はありません。意外です…

カード利用金額に充当するキャッシュバックは8,000ポイント=2,000円分

年会費無料は93,000ポイントです。
ピンポイント還元率

ポイント還元率は1.60%~2.00%

ステータスカードはポイント還元率が高くなかったりしますが、シティプラチナカードは還元率が高いです。

私は庶民ですから、ポイント重視ですが…プラチナカードを利用する人はポイントを重視するんでしょうか?

空港ラウンジ

ピン空港ラウンジサービス
日本の主要28空港とホノルル国際空港(ハワイ)、仁川国際空港(韓国)の空港ラウンジが無料で利用できます。

新千歳空港/函館空港/青森空港/秋田空港/仙台空港/新潟空港/富山空港/成田国際空港/羽田空港/中部国際空港/小松空港/伊丹空港/関西国際空港/神戸空港/岡山空港/広島空港/米子空港/山口宇部空港/徳島空港/高松空港/松山空港/福岡空港/北九州空港/長崎空港/大分空港/熊本空港/鹿児島空港/那覇空港

海外旅行からの帰国時に利用できる手荷物宅配サービス。

海外パックツアーの3~5%割引優待や航空券、高級ホテルの予約をトラベルデスクに電話で頼むことも可能。

ピンプライオリティ・パス
シティプラチナカードならプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます。

世界中のVIPラウンジを無料で利用できます。

通常は399ドルかかるプレステージ会員。

シティプラチナカードの年会費だけでプライオリティ・パスに登録できちゃうなんて、お得!!

旅行保険・補償

ピン海外旅行保険
最高1億円の海外旅行保険が利用付帯です。

ピン国内旅行保険
最高1億円の海外旅行保険が利用付帯です。

ピンその他の補償

バイヤーズ プロテクション

キャンセル プロテクション

インビテーション・切り替え

シティプラチナカードはインビテーションでの入会がありますが、

自身で切り替え申し込みをすることが可能です。

オンラインから「切替申込書」に入力するだけで申し込みができます。

シティゴールドカードからの切り替えの場合はポイントを移行できます。

ダイナースカードからの切り替えはできないので、新規申し込みになります。

審査や難易度

シティプラチナカードの審査は甘くありません。

ただ年収の基準が明記されているので、わかりやすい!!

25歳以上で年収600万円以上の方

インビテーションの方は審査の心配はないでしょうが、

切り替え申し込みや新規申し込みの場合は審査が心配になりそうですよね…

年収が600万円以上で、クレジットカードの返済遅れなどがなく、しっかり返済してきている。

あとはローンなどもない方が望ましいでしょうね。

年収600万円以上っていう時点で庶民には厳しいですが…

審査合格率は80%なので、かなり難易度が高いという程ではないでしょう。

年収をクリアしていれば審査に通りそうな気がします。

→→→ポイント還元率が高い!審査が甘い!使いやすいカードはコレだ!←←←